姿勢.com

姿勢.com

高齢者でも姿勢を良くすることはできる!簡単姿勢改善法!

約 1 分
高齢者でも姿勢を良くすることはできる!簡単姿勢改善法!

「高齢者」と聞くと、背中が丸まって地面を見ながら歩いているおじいさん、おばあさんを想像しますか?
高齢者だから背中が丸まってしまうのは仕方ない?
いえ、歳をとってもまだまだ姿勢矯正はできます。
むしろ年を取ってからの方が姿勢矯正は重要になります。

今回は高齢者の方でも簡単に姿勢を改善できる方法をまとめてみました。

なぜ高齢者の腰が曲がるの?

腰が曲がる原因は、主に3つあると言われています。
「筋肉」「骨」「神経」のいずれか、もしくは複数に何かしらの問題が生じて、腰が曲がる現象が起こると言われています。

【筋肉の問題について】
高齢になると筋肉が衰えてきます。
骨や神経に異常がないのに腰が曲がってしまう場合は、背筋、腰筋、腹筋が衰えてしまい、上半身を支えられなくなってしまっているのです。
ですので、高齢者でもある程度筋力トレーニングを行い、筋肉を維持・強化していく必要があります。

【骨の問題について】
特に女性の方に多い病気である「骨粗しょう症」が発症してしまい、腰が曲がることがあります。
「骨粗しょう症」の主な原因としては閉経を迎えた女性はホルモンバランスが崩れることでカルシウムの吸収力が落ちてしまいカルシウム不足に陥り、骨密度が低下してしまうことだと言われています。
「骨粗しょう症」になってしまうと軽い衝撃でも骨が折れてしまうこともあるので、予防・治療が必要です。

【神経の問題について】
高齢が原因で発症する「脊髄変性症」は歩行時に痺れや痛みが生じるのですが、腰を曲げて歩くことで痺れや痛みが和らいだりします。
そのため、歩行時や日常生活で腰を曲げるようになってしまい、じょじょに腰が曲がってしまうのです。

猫背改善エクササイズ

【注意】
・決して無理をしないでください。できる範囲で行うようにしてください
・骨粗しょう症などの診断を受けている場合は、医師に相談しながら行うようにしてください
・一度にやろうとせず、毎日少しずつ行うようにしてください

1、背中のエクササイズ
①椅子に座って背筋を伸ばす。
②腕をまっすぐ前に伸ばし、ボートを漕ぐように腕を後ろへ引く。
③引いた状態で脇を締め、10秒止める。
※筋肉をしっかりと収縮させることで血流が良くなります。

2、背筋を正すストレッチ
①椅子に座って背筋を伸ばし、腕を組む。
②身体の軸が崩れないように身体を右へねじる(顔も一緒に)。
③正面へ戻す。
④同様に左へねじる
⑤正面へ戻す
※骨盤を固定させることを意識しながら行ってください。

4、肩甲骨ストレッチ
①椅子に座り、背筋を伸ばす。
②手のひらを上にして息を吐きながら腕を前に出す。
③息を吸いながら肩甲骨に寄せるように腕を戻す。
④息を吸いながら腕を真上に上げる。(手のひらは内側)
⑤息を吐きながら腕を下ろす。
※呼吸をしっかり一緒に行うことで呼吸筋のエクササイズにもなります。

5、ジャンプ
①安全のために壁などに手をついてください。
②ジャンプは、1cm程度で十分です。
③軽くてよいので数回~10回くらい行ってください。
着地の時の足裏からの刺激が足腰を安定させ、背骨(脊椎)に刺激して丈夫にしてくれます。

まとめ

超高齢社会の現在、自分の足で歩いて過ごしたいですよね。
ストレッチを少しずつでも毎日続ければ姿勢は良くなります。
元気な老後を過ごせるよう、頑張りましょう。