姿勢を良くするにはストレッチポールが最適です

約 1 分
姿勢を良くするにはストレッチポールが最適です

現代人のほとんどが悩んでいる猫背。
デスクワークの増加で、立っていたり歩いているよりも、椅子に座っていることの方が多い現代社会では、猫背はもはや”国民病”です。
ですが、そんな困った猫背に有効なのが「ストレッチポール」。
このストレッチポールを使ったエクササイズを行えば、姿勢を治すことができます。
それではさっそく、ストレッチポールで行う猫背の改善法について、ご紹介していきましょう。

ストレッチポールを選ぶときの注意

ストレッチポールを買おうと思ってネットで検索したら値段の差に驚いたかもしれません。
安いものは1000円くらいのものから高いものだと1万円近いものまで・・結局どれを選んでいいのか悩んでしまい、買うのを止めよう・・そう思ってしまうかもしれません。
実は「ストレッチポール」と名前がついているのはLPN社のものだけなんです。
そして高いです。
しかし、寝そべったときの背中への圧が全然違います。
しかも安いものは数回使っただけで中のクッションがヘタってしまった・・なんてこともあります。
ですので、ストレッチポールを買うときはある程度の予算を組んだ方がいいでしょう。

なぜストレッチポールが姿勢矯正に効くのか?

まずは姿勢が悪い状態、つまり猫背の状態のことを知りましょう。
猫背になると胸と脇腹の筋肉が緊張して肩甲骨が前方に引っ張られます。
つまり、肩甲骨が開いてしまっている「巻き肩」状態ということです。
そうすると肩甲骨まわりの筋肉がカチカチに固まってしまい、さらに猫背になってしまいます。
そこで肩甲骨周りの筋肉をほぐすのに有効なのが「肩甲骨はがし」です。
「肩甲骨はがし」と聞くと怖い感じがしますが、簡単に言うと「肩甲骨のストレッチ」のことです。
肩こり、背中こり、ストレス解消、姿勢の改善ができるストレッチポールは、寝転がるだけでも効果がありますが、ストレッチを行うことでさらに効果がみられます。

ストレッチポールを使ったストレッチ

ストレッチポールに乗るときの注意
・背骨がまっすぐ乗っている
・頭がはみ出ていない
・手のひらが上向きでリラックスできている
・自然に呼吸ができている
以上のことを確認してストレッチを行うようにしましょう。

【股関節のストレッチ】
1、ストレッチポールの上に寝転がります。
2、両方の手を床につけて背中にちょうどストレッチポールがきているのを確認したあと、足は膝を少し軽く立ててください。
3、そのままの姿勢で両方の足を交互に体重移動させ、ゆっくりと動かします。
4、このストレッチを2セット程、繰り返したあと膝は曲げたままで足の裏同士をくっつけてゆっくりと両方の足を開きます。

【肩甲骨まわりをストレッチ】
1、ストレッチポールの上に寝転がります。
2、両手を大きく広げ、大胸筋を開きます。
3、大きく深呼吸をします。

まとめ

ストレッチポールを使っての姿勢矯正法をまとめてみました。
ストレッチポールは乗るだけでも背筋が伸びる感覚を感じられます。
最初は少し辛いかもしれませんが、続けていくうちに気持ち良さになりますよ。
最後にストレッチポールから降りるときは、その場で起き上がらないでください。
首を痛める可能性があります。
必ず横に下りるようにしてください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA