姿勢.com

姿勢.com

子供の姿勢矯正で得られる5つの効果!矯正椅子で学力アップ!

約 3 分
子供の姿勢矯正で得られる5つの効果!矯正椅子で学力アップ!

「子供の姿勢が気になるけど、あまり口うるさく注意したくない」という保護者も多く、かといって悪い姿勢のまま過ごさせることは、子供にとってメリットは何もありません。姿勢が悪いと骨格が歪んだり疲れやすくなったり、子供でも肩こりや腰痛を訴えることも珍しくありません。そんな人におすすめなのが姿勢矯正椅子です。ここでは姿勢矯正椅子を使って姿勢を矯正することで得られる5つの効果について紹介します。

姿勢矯正椅子で正しい姿勢を身につける

子供の姿勢が悪くなるのは、ただ正しい姿勢の正解がわからないというケースも少なくありません。姿勢矯正椅子にお尻をのせるだけで正しい姿勢を簡単に作ることができ、その姿勢を体に覚えさせることが可能です。口うるさく注意したり口で説明するよりも、姿勢矯正椅子を使ったほうが子供にとってはわかりやすく身に付きやすいことが、一つ目の効果です。また、姿勢矯正椅子を使用することで普段の姿勢の意識改革にもつながります。「背筋が伸びた姿勢のほうが素敵!」と普段から意識するきっかけにもなります。

姿勢矯正すると集中力が上がる

脳は体を正常に動かしたり考えたりするために、大量の酸素と血液を必要とします。猫背になると胸が圧迫されて呼吸が浅くなり、酸素を取り込む量が減少します。また、首周辺の血流は滞りがちになり、脳へ十分な血液を運ぶこともできません。勉強中にあくびが出るなど集中力が落ちるのはこのせいだといわれています。姿勢矯正することで十分な酸素と血液を脳に運ぶことができれば、集中力がアップし学力アップにもつながります。また、集中力が上がることで理解力にも影響が出るといわれています。

姿勢矯正椅子で疲れにくい体にする

子供にとって長時間正しい姿勢をキープすることは簡単なことではありません。姿勢矯正椅子を使えば簡単に、そして長時間正しい姿勢をキープすることができます。正しい姿勢が取れるようになると姿勢を支えるための筋肉がきちんとつき、疲れにくい体作りにも役立ちます。運動能力のアップや体の柔軟性のアップにもつながり、健やかな成長を支えます。

腰痛や肩こりの予防

スマホやゲームの普及により、腰痛や肩こりを訴える子供が増えています。下を向いて過ごすことが増え、これが姿勢の悪さにつながり腰痛や肩こりなどの症状として現れます。幼いうちから正しい姿勢を意識し、姿勢矯正をすることで腰痛や肩こりの予防をすることができます。姿勢の悪さによる骨格の歪みも懸念されていますが、子供の骨は柔らかいため癖になりやすい反面直りやすいという特徴を持っています。早めに姿勢矯正をすることで、将来腰痛や肩こりになりにくい体を作ることも可能です。

まとめ

子供にとって姿勢矯正は簡単なことではありませんが、一度身についてしまえば大人よりも綺麗な姿勢をキープすることができます。姿勢矯正することで学力がアップするだけでなく、運動面での効果も期待できるため、早めの矯正がポイントとなります。子供にばかり「背筋を伸ばして座りなさい」と口うるさく言うのではなく、家族全員で正しい姿勢を意識して美しい姿勢を手に入れましょう。姿勢矯正椅子は大人にも効果が期待できるので、一緒に使用してみてはいかがでしょう。