姿勢.com

姿勢.com

なぜ姿勢が悪くなるのか!?その原因と対策

約 4 分
なぜ姿勢が悪くなるのか!?その原因と対策

今や国民病とまで言われている「猫背」。
特に日本人には世界的に見ても「猫背」になっている人が多く、国民の2人に1人が「猫背」を抱えていると言われています。
ではなぜ日本人がこんなにも「猫背」人っている人が多いのでしょうか?
日本人は、民族的特徴(祖先が農耕民族であり、長い期間背中を丸めながら田畑を耕し生活)や骨格、体幹の弱さにより猫背になりやすいからだ、と言われています。
また、日本人と欧米人の骨格の差もあると言われています。

猫背になる原因

日本人は外国人に比べて身体が薄いですよね。
本でもそうですが、薄い本よりも厚みのある本の方が立てたとき安定しますよね。
人の身体も同じです。
日本人は外国人に比べて筋肉量が少ないため、身体を支えるため猫背になってしまうとも言われています。

【運動不足による筋肉の衰え】
現代社会では交通インフラも整備され、「歩く」ということが少なくなりました。
運動するということを意識しなければ、運動不足になってしまい筋力も衰えてしまいます。
また、昔なら調べものをするのも図書館まで行かなくてはなりませんでしたが、今は情報インフラも整備されているため、PCやスマホで調べられるので外に出る必要がなくなりました。
【生活習慣からくる筋肉のコリ】
最近肩や首に痛みを感じませんか。
PCやスマホを見る時、画面に顔を近づけていませんか?
特にスマホを見る時下を向いていませんか?
その時背中が丸まって首が前に出てしまっていませんか?
その姿勢が猫背の原因なんです。

猫背を治すには?

猫背を治すにはやはり「筋肉のコリをほぐし」、「運動で衰えてしまった筋肉を取り戻す」ことに尽きると思います。
そこで簡単なストレッチと筋トレをご紹介します。

【通勤中にできる簡単ストレッチ方法】
・首を後ろに引く
・両肩を後方に引く
・高い位置にあるつり革を持つ
・スマホを見る時は目線を上げる

【オフィスでできる簡単ストレッチ方法】
1)椅子に座り、背中を丸め首を下に向ける
2)首と背中をゆっくりとそらしていく
3)そらし終わったら、ゆっくりと背中を丸めた状態に戻る

【寝る前にできる簡単ストレッチ方法】
・背筋を鍛えるストレッチ
1)うつ伏せに寝る
2)アゴと足を上げ、エビぞりの状態になり10秒静止する
3)5セット行う

・肩のストレッチ
1)肩幅に両足を広げて立つ
2)両肘を曲げ、勢いよく後ろに振り上げる
3)5回振り上げたら5秒休む
4)これを5セット行う

【トランクローション】
固まってしまった胴体部の筋肉を和らげるストレッチです。
・エクササイズ方法
1、床と垂直になる様に、肩、手のひら、ももの付け根と膝をまげ四つん這いになります。
2、腰が浮かない様に注意して、右手の甲を背中にあて、左右に体を捻ります。
3、捻る方向の肩甲骨を内側に寄せるように、するのがポイントです。
4、理想は10~15回ですが、自分の体調に合わせて行ってください。

【バックエクステンション】
胸周りの柔軟性の向上と、背中の筋肉をトレーニングして、肩に余計な力を入れない様にするエクササイズです。

・エクササイズ方法
1、タオルを持ってうつぶせで寝ます。タオルを持った状態で、バンザイをして腕を遠くへ離すような要領で上半身を床から胸のあたりまで持ち上げます。
2、上半身が持ち上がったら、3秒停止して、ゆっくりと床に上半身を下ろします。
3、理想的には10~15回繰り返しますが、無理な場合は自分の出来る範囲でかまいません。

まとめ

日本人は遺伝的にも猫背になりやすいと言われています。
日々姿勢を意識しながら生活をすることで、意識しなくてもよい姿勢を保てるようにしましょう。