姿勢.com

姿勢.com

姿勢を良くするには筋トレが有効!おすすめ筋トレ3選

約 3 分
姿勢を良くするには筋トレが有効!おすすめ筋トレ3選

姿勢が悪い人は、体の筋肉のバランスが悪いことがひとつの原因です。体をまっすぐ支えるためには背筋や腹筋、首やお尻、足の筋肉がしっかり鍛えられていることがポイントとなります。そのため姿勢を良くするには筋トレが有効となります。ここでは姿勢を良くする筋トレ3選を紹介します。参考にしてくださいね。

体幹を鍛えるプランク

姿勢を良くするには全身の筋肉がバランスよくついていることが大きなポイントとなります。正しい姿勢をキープするために必要な筋肉を一度に鍛えられる『プランク』を始めに紹介します。

1.マットを敷き、うつぶせ寝になります。

2.肩の真下に肘を置き、肘とつま先で体重を支えるように体を持ち上げます。

3.頭からかかとまでがまっすぐになるように注意しながら、10秒キープするところから始めましょう。

4.ゆっくりとうつぶせ寝に戻ります。

プランクは全身の筋肉を使う筋トレです。初めはかなりきつく感じるかもしれませんが、毎日コツコツ筋トレに取り組むことでキープする時間を伸ばすことが可能です。1分キープを目指して頑張りましょう。

バックエクステンションで背筋を鍛える

姿勢を良くするには背筋の筋トレを取り入れることもおすすめです。簡単に無理なく行える『バックエクステンション』で背筋を鍛えましょう。タオルを1本用意してください。

1.マットを敷き、うつぶせ寝になります。

2.タオルの端を両手で持ち、腕をまっすぐ伸ばします。

3.腕をまっすぐ伸ばしたまま上体をゆっくりと持ち上げます。

4.5秒キープして元の姿勢に戻す、を10セット繰り返しましょう。

バックエクステンションは背筋を鍛えると同時に、お尻や太ももの筋肉にもしっかりアプローチします。上体を上げすぎないように気を付けながら取り組みましょう。

下半身の筋トレには橋のポーズ

姿勢を良くするためには上半身だけでなく下半身の筋肉も鍛える必要があります。下半身には『橋のポーズ』がおすすめです。ヨガのポーズを取り入れることで無理なく筋トレを続けましょう。

1.マットを敷き、仰向けに寝ます。

2.膝を立て腰幅に開き、足の裏をお尻の近くに引き寄せます。

3.両手は手のひらを下にして両脇に自然においておきます。

4.足の裏と手のひらで床を押すイメージで、お尻を持ち上げましょう。

5.膝から胸までが緩やかなカーブを描くように持ち上げたら30秒キープします。

6.ゆっくりと元の姿勢に戻しましょう。

腹筋やお尻、太ももやふくらはぎなど下半身の筋肉を効率よく鍛えることができるヨガのポーズです。1回に3セット行うことが理想です。

まとめ

いかがでしたか?姿勢を良くするには筋トレを取り入れて体の筋肉をバランスよくつけることがポイントです。初めのうちは上手にポーズが取れなかったりきつかったりしますが、毎日続けることで少しずつ筋肉をつけることができます。普段体を動かすことが少ない人は、無理に筋トレをして体を痛めないように気を付けることも大切です。そんな時はバランスボールを使ってみてはいかがでしょう。バランスボールは座るだけでも体幹を鍛えることができますし、体への負担も少ないのでおすすめです。自分に合った筋トレを取り入れて、姿勢を良くするためにコツコツ取り組んでいきましょう。