姿勢.com

姿勢.com

姿勢改善グッズもいろいろあります

約 4 分
姿勢改善グッズもいろいろあります

「姿勢改善グッズ」と聞いて何を思い浮かべますか?
姿勢矯正ベルトや姿勢矯正クッション、ストレッチポールなどを思い浮かべたかもしれません。
今回紹介するのは、一瞬「こんなもので姿勢改善できるの?」と思ってしまうものです。
けど、使い方や考え方次第で姿勢改善に役立つものばかりです。

ぶら下がり健康器

ぶら下がり健康器と聞いてもしかして「今さら?」「そういえば昔流行ったよね」と思われている人もいるかもしれません。
しかし、このぶら下がり健康器、姿勢矯正にとても役立つんです。
【ぶら下がり健康器とは】
棒に掴まってぶら下がることで背筋が伸び、椎間板をしっかり伸ばすことで腰痛を予防することができるという効果を謳い、1970年代後半に爆発的なブームを巻き起こしたが、急速に鎮静化、物干竿として使われている家庭が多かった。

【ぶら下がり健康器の効果】
・背骨が伸びる
人は自分の体重により常に圧がかかった状態で生活しています。
つまり、常に「縮み」の状態にあります。
ぶら下がり健康器にぶら下がることで「伸び」の状態になり、背骨を伸ばすことにより猫背を改善することができます。
また、自分で背伸びして伸びるのとは違い、自分の体重を「伸び」に使うことで背骨(椎間板)がよりよく伸び、背骨(椎間板)の血流がよくなり血行促進の効果もあります。

・筋肉が伸びる
ぶら下がることでどの筋肉とは特定しにくいほど、実に多くの筋肉が一度に伸びます。
中でも姿勢矯正に重要な「広背筋(こうはいきん)」は大きく伸ばされます。
広背筋は主に「腕を下ろす」「腕を内側にねじる」といった働きをします。
猫背の人はたいてい、腕・肩が内側に入ってしまっている「巻き肩」になってしまっています。
その原因の一つが、「広背筋の短縮」と言われています。
ぶら下がることで広背筋をはじめ、特に脇の下がよく伸び、脇を伸ばすことが猫背矯正の重要なアプローチになるのです。

・血流改善
ぶら下がることで背骨の血行が良くなると、全身の血の巡りがよくなり、冷えや貧血、便秘などの不調が改善します。
また、体温が上がり風邪をひきにくくなるなどの効果もあります。

今「ぶら下がり健康器」が再び注目され始めています。
ぶら下がることでの効果が大きいことがわかったからです。
たかがぶら下がり、されどぶら下がりです。

足指パッド

もしかしたらCMを見たことがある人もいるかもしれません。
足指パッドを付けて歩くだけで背筋が伸びる・・というやつです。
なんで足の指に着けるだけで背筋が伸びるの?そう疑問に思った人も多いと思います。
その疑問を解決してみました

【足指パッドの効果】
「浮き指」という言葉を聞いたことがありますか?
実はこの「浮き指」、最近の子どもにとても多いんです。

■浮き指とは
立った状態で足の指の何本かが床についていない浮いた状態のことを指します。自覚症状はほぼありません。

■なぜ浮き指が姿勢に悪いの?
人間は、足指、指の付け根、かかとの3点に正しい重心を置くことで2本足で立つことができます。
また、この3点が歩行時の衝撃を吸収したり、ねじれを防ぐ役割を担っています。
しかし、足裏のアーチが不安定になると足指に力が入りづらくなるため、かかと、指の付け根だけを使った不安定な2点歩行や指が地面に接地しない浮き指となってしまいます。
すると身体のバランスが悪くなり、猫背や骨盤のズレ、O脚など身体に様々な悪影響が出ます。

■足指パッドを装着すると
足指パッドを装着することにより浮き指を抑えることができ、足指、指の付け根、かかとの3点で着地できるようになるため、正しい重心に定まり美しい姿勢で立てるようになるのです。

まとめ

ぶら下がり健康器や足指パッドなど「えっこんなものが姿勢改善に役立つの?」と思えるものが結構役に立つことがわかりました。
ぶら下がり健康器も改良され、現在ではぶら下がるだけでなく様々なトレーニングができるちょっとしたマシンとなっているものもあります。
姿勢矯正ベルトやクッションは使いたくない・・という人はぶら下がり健康器や足指パッドを使ってみてはいかがですか。