姿勢.com

姿勢.com

姿勢矯正ベルトの効果を知りたい!メリットとデメリットを紹介

約 3 分
姿勢矯正ベルトの効果を知りたい!メリットとデメリットを紹介

姿勢の悪さが気になり、何とか姿勢を良くしたいということから姿勢矯正ベルトの使用を検討している人もいるかもしれません。姿勢矯正ベルトは手軽に着用することができ、費用も比較的手ごろな価格で購入できることから、女性を中心に注目されているアイテムです。そこで気になるのが姿勢矯正ベルトの効果です。今回は姿勢矯正ベルトの効果をメリットとデメリットと併せて紹介します。

姿勢矯正ベルトのメリット

姿勢矯正ベルトのメリットは、先にも少し触れましたが手軽に使用することができるという点です。着用方法もリュックのように背負い留めるだけでOKなので、とても簡単です。姿勢矯正ベルトは着用するだけで強制的に姿勢を正すことができるため、無意識のうちに良い姿勢を体に覚えさせることができるということもメリットのひとつです。また骨盤矯正の効果もある姿勢矯正ベルトなら、骨盤の歪みを矯正しつつ姿勢も矯正することができます。姿勢矯正ベルトを着用している間は猫背になることのほうが難しいため、綺麗な姿勢を簡単にキープすることができます。

姿勢矯正ベルトのデメリット

姿勢矯正ベルトのデメリットは、メリットのほうでも少し触れましたが姿勢矯正ベルトを着けているときには良い姿勢が保てても、はずしてしまうと元の姿勢に戻ってしまうという点です。強制的に正された姿勢は、姿勢矯正ベルトがなくなると美しい姿勢を取ることができないのです。また、姿勢の悪さの原因は筋肉の固さや肩甲骨の可動域の狭さです。姿勢矯正ベルトには筋肉をほぐしたり肩甲骨を動かしたりする効果はないので、根本的に姿勢を良くするという効果はあまり期待できません。姿勢矯正ベルトで姿勢を良くすることを覚えてしまうと、姿勢を良くするための筋肉が衰えてしまいます。長時間漬けていると、肩や腰の筋肉のこわばりの原因となってしまうこともあります。

気になる姿勢矯正ベルトの効果

姿勢矯正ベルトのメリットとデメリットからわかるように、姿勢矯正ベルトの効果一時的なもので根本から姿勢を良くするためにはあまり効果がありません。一時的に姿勢を良く見せたいという人には向いていますが、根本的に姿勢を良くしていきたいと考えている人には不向きかもしれません。姿勢が悪い原因は、筋肉の衰えやこわばり、体幹の弱さ、骨盤や骨格の歪み、普段の姿勢などが挙げられます。これらを骨盤矯正ベルトで治すことは難しく、筋肉をほぐすために大きく動かしたり、良い姿勢をキープするための筋肉を鍛えたりすることのほうが有効です。姿勢矯正ベルトはあくまで姿勢を良くするためのサポートアイテムとして取り入れることをおすすめします。姿勢矯正ベルトを着けることで正しい姿勢を体に覚えさせる効果はありますから、筋肉をほぐし鍛えるとともに姿勢矯正ベルトで正しい姿勢を身につけましょう。

まとめ

今まで色々な種類の姿勢矯正ベルトを使ってみたけど、どれもあまり効果がなかったという人もいるかもしれません。それは姿勢矯正ベルトは一時的な効果しかないためで、根本から姿勢を良くするためには自分の意識の改革と地道な取り組みが大きなポイントとなります。姿勢矯正ベルトに頼り切らずに、姿勢を良くすることを意識しながら上手に姿勢矯正ベルトを使用していくことをおすすめします。