姿勢.com

姿勢.com

運動は姿勢を良くしてくれる!おススメの運動について

約 4 分
運動は姿勢を良くしてくれる!おススメの運動について

姿勢を良くする為には理屈や道具の前に「運動習慣」です。1日の中で満遍なく身体の筋肉を使ってあげる事で全身の筋肉は健康を維持でき、キレイな姿勢が自然と取れるようになります。ですが運動習慣をつければ何でもいいという訳ではありません。全身の筋肉をしっかり使えるものである必要があります。

そこで今回は姿勢を良くする運動について紹介します。

全身運動に近い程に良い姿勢の土台ができる

姿勢を良くする運動の大前提は「全身運動」です。特定の筋肉を使い続ける運動の場合は姿勢を良くするどころか悪くする可能性があります。そして運動の「オン・オフ」がはっきりしている運動よりも「持続性が高い運動」がより効果的です。急な「オン・オフ」は身体に緊張をもたらしますので長時間の激しい運動は自律神経にとってあまり好ましいものではありません。

良い姿勢を作り出す運動の要素とは「全身運動の部類に入るもの」「オン・オフが緩やかで持続性の高い運動」の2点をクリアした運動を取り入れるという事です。

水泳で綺麗な姿勢の土台を作る

水泳は綺麗な姿勢の土台を作るのに適した運動です。

・全身運動としての運動量
・常に同一運動のルーティンによるオン・オフの緩さ
・種目によって使い分けられる筋肉

水泳は非常にバランスの取れた運動です。ただし「得意な種目だけ泳ぎ続ける」形では綺麗な姿勢の土台は作れません。逆に歪みを作るリスクが高まりますのでその点だけ注意してください。クロールと背泳、背泳と平泳ぎなど泳ぐ姿勢の異なる種目に交互に取り組むようにしましょう。それで初めて水泳の姿勢強化の効果が発揮されます。

ダンスで綺麗な姿勢の土台を作る

ダンスはとても優れた姿勢を作る運動です。足先から指先まで、果ては頭までを使って表現する正に「全身運動」です。強過ぎない緩急のついた動きの中でアウターマッスルからインナーマッスルまで満遍なく使う運動ですのでおススメです。

ただし、ブレイクダンス等の特定の部位に大きな負担を強いるダンスは別物だと考えてください。姿勢強化に効果的なのはヒップホップ系、ストリート系のダンスです。ダンスなら何でも良いのではなく常に全身を使って大きく動くダンスが理想的な全身運動です。

ノルディックウォーキングで綺麗な姿勢の土台を作る

水泳やダンスはちょっと辛い。そんな方にお勧めをしたい姿勢強化の運動はノルディック・ウォーキングです。高齢者の方には特におススメできます。本来のウォーキングとの違いはスティックを持つか持たないかだけです。ですがその差が非常に大きいのです。

・スティックによって疑似的な4足歩行になる
・腰下への負担が半分に減る(膝関節・股関節・足首への負担)
・上腕を歩行運動に加える
・スティック使用によって背筋が自然と伸びる

通常のウォーキングと違って意識しなくても自然な姿勢に近付く上に、股関節や膝関節への負担が半分(4本で分散するので25%になる)に減る。これは腰~膝の古傷が気になる高齢者の方にも安心です。ウォーキングの唯一の欠点であった「上半身が遊ぶ」という点を見事に補った誰にでもおススメできる理想形に近いウォーキングです。

綺麗な姿勢は「How to」より土台を先に作ろう

今の日本は「綺麗な姿勢の取り方」という「How to」が話題になったり注目されたりしています。ですが、本当に美しい姿勢にとって大切なのは「土台」です。綺麗な姿勢を維持できる「土台」を整えてから「見え方」等の「How to」進むようにしましょう。綺麗な姿勢は「意識」よりも「しなやかな筋肉」です。