姿勢.com

姿勢.com

簡単に姿勢を良くする方法を知りたい!お手軽10秒ストレッチ

約 3 分
簡単に姿勢を良くする方法を知りたい!お手軽10秒ストレッチ

猫背が気になるけど面倒なメソッドに取り組む自信はない、という人は少なくありません。面倒なメソッドはやる気があっても長続きしないというケースもあります。姿勢を良くする方法はたくさんありますが、より手軽に簡単にできるものが長続きさせるポイントです。今回は、誰でも簡単に取り組むことができる姿勢を良くする方法『10秒ストレッチ』を紹介します。

猫背の原因は骨盤の歪み

姿勢を良くしようと背筋を伸ばすことを意識していても、すぐに猫背の姿勢に戻ってしまうという人もいるでしょう。実は姿勢の悪さは骨盤の歪みが大きく関わっていて、背中をまっすぐに伸ばすだけでは矯正することは難しいといわれています。姿勢を良くするときには、よく「骨盤を立てる」という表現が使われますが、これは猫背の人の骨盤が後ろに傾いていることが多いからです。姿勢を良くする方法のポイントとして、背中を伸ばすことよりも腰を伸ばして骨盤を立てることを意識するといいでしょう。

10秒で簡単に姿勢を良くする方法

姿勢を良くするには、毎日の積み重ねが大切です。骨盤を立てることを体に覚えさせることが姿勢を良くするための近道です。ここでは誰でも簡単にできる姿勢を良くする方法『10秒ストレッチ』の具体的なやり方を紹介します。

1.椅子に座りましょう。足の裏が床にしっかり付き、膝が直角になっているか確認します。膝が直角になっていない場合は、踏み台などで調整します。

2.両手を頭の上へまっすぐ持ち上げます。上に引っ張られるようなイメージで5秒キープしましょう。

3.両手を左右に開きながらゆっくりとおろし、太ももの上へ置きます。

4.肩の力をスッと抜き、そのままの姿勢で5秒キープします。

簡単ストレッチの3つのポイント

10秒ストレッチは背中や首の筋肉をほぐし、肩甲骨を意識的に大きく動かすことで自然に姿勢を良くする方法です。次の3つのポイントを押さえて、綺麗な姿勢を手に入れましょう。一つ目は両手を組まずにまっすぐ伸ばすことです。両手を組んでしまうと余計な力が入り、肩甲骨の可動域が小さくなってしまうことがあります。肩の真上に両手がくるように伸ばしましょう。二つ目は骨盤の位置を意識することです。おへその位置を3cm引き上げるようなイメージをすると、自然と骨盤の傾きを戻すことができます。三つ目は痛みを感じないところで止めておくことです。腕を持ち上げたときに背中や肩に痛みを感じる場合は、できるところまでで止めておきます。毎日繰り返すことで可動域を広げていきましょう。正しいやり方で10秒ストレッチを行うと、背骨のS字に無理がなく、首もスッと自然に伸ばすことができます。また、「骨盤を立てなくては」と思うと腰が反り気味になってしまうこともあります。10秒ストレッチなら骨盤に意識を置きながらも反り腰になりにくいというメリットもあります。

まとめ

人間の骨格上、何かに集中したりデスクワークをしたりするときには、自然と前傾になり猫背になってしまいます。ある程度の猫背は仕方のないことですが、これが長時間になると癖になってしまいます。姿勢を良くするためには正しい姿勢を遺棄視することが大切です。今回紹介したストレッチはとても簡単です。姿勢を良くする方法のひとつとして、毎日取り組むことをおすすめします。