姿勢.com

姿勢.com

姿勢矯正椅子で姿勢を治せる?気になる効果を知りたい!

約 3 分
姿勢矯正椅子で姿勢を治せる?気になる効果を知りたい!

姿勢が悪いとだらしなく見えたり元気がなさそうに見えたりと、マイナスイメージがついてしまいがちです。反対に姿勢がよくシャキッとしている人は凛として見えたり生き生きとして見えることが多く、いい印象を持ちます。姿勢の悪さで悩んでいる人は多いですが、なかなか自分で姿勢矯正となると難しいのが事実です。姿勢矯正用の椅子もありますが、本当に効果があるのか不安という人も多いのではないでしょうか。今回は姿勢矯正用の椅子の気になる効果について紹介します。

無意識の姿勢の悪さを矯正してくれる

姿勢矯正用の椅子を使っても姿勢よく保てるのは一時的で、普通の椅子に座るとまた猫背になってしまいそう、という印象を持っている人も少なくありません。確かに初めのうちは姿勢矯正用の椅子に座った時だけ姿勢がいい状態、ということになるかもしれません。しかし普段から姿勢矯正用の椅子に座る習慣がつけば、いい姿勢を体に覚えさせることができるようになります。人の体は座っているときや立っているときに、無意識のうちに全身を使ってバランスを取ろうとしています。体のどこかに歪みが生じるとそこをカバーするためにほかの部分にも歪みが生じてしまいます。姿勢矯正用の椅子を使うことで、こういった無意識のうちに生じた歪みを矯正することが可能です。

姿勢矯正用の椅子で骨盤の位置を戻す

姿勢の悪さは骨盤の歪みが大きく関わっています。骨盤が後傾していると腰の位置がぐんと下がり、背中が丸まってしまいます。骨盤が後傾すると猫背になるだけでなく、腰の反りやO脚などの原因にもなります。姿勢矯正用の椅子には、骨盤の位置を正しい場所に戻す効果も期待されています。姿勢矯正用の椅子は骨盤を立てて座ることができるような工夫が座面に施されています。姿勢矯正用の椅子に座るだけで、骨盤の後傾だけでなく左右のバランスもとることができます。正しい姿勢は骨盤の傾きが大きく関わっていますから、姿勢矯正用の椅子で骨盤の位置を整えることで正しい姿勢を体に覚えさせることができるのです。

姿勢矯正用の椅子で腰痛予防にも期待

姿勢が悪い人は、腰痛や肩こりなど体の不調を抱えている人も少なくありません。これは体の歪みをほかの部分がカバーしていることによる負担の表れで、痛みを感じる部分に大きな負担がかかっているという証拠です。姿勢矯正用の椅子を使うことで骨盤の位置が戻り、姿勢が良くなると腰や肩の痛みも改善されるケースが多いです。姿勢が悪いと肩は内側に巻いたような形になり、胸が圧迫されることで酸素を十分に取り込めなくなります。また肩や腰の筋肉は緊張し、血流が滞りやすくなります。姿勢が良くなると胸が開き十分な酸素を摂り入れられるようなり、全身へスムーズに酸素を供給できるようになります。酸素が十分だと血行も促進され、筋肉の緊張をほぐすことにもつながります。これらが腰痛や肩こりの緩和にもつながっていきます。

まとめ

姿勢矯正用の椅子に効果が期待できるのであれば使いたい、と思っている人も多いでしょうが、すぐに効果を発揮するわけではありません。毎日繰り返し姿勢矯正用の椅子を使うことで体に正しい姿勢を身につけさせることが、姿勢矯正用の椅子の最大の目的です。自分に合った姿勢矯正用の椅子を選び、気長に使って正しい姿勢を身につけましょう。