姿勢.com

姿勢.com

姿勢が悪いと太る!?その原因と対策

約 4 分
姿勢が悪いと太る!?その原因と対策

ダイエットをしているのになかなか痩せない。
食事制限をしているのに痩せない・・・
何をやっても痩せない!と悩んでいますか?

もしかして手足が冷えたりしてませんか?
お腹がぽっこり出ていませんか?
便秘で悩んでいませんか?
「姿勢が悪いよ」と言われたことありませんか?

それ全部姿勢が悪いせいなんです。

なぜ姿勢が悪いと太る?

1)代謝が落ちて太る
・猫背になると血液やリンパの流れが滞り、老廃物が体外にうまく排出されなくなり、代謝が落ちる。
すると食事などで摂取したカロリーが消費されず、脂肪としてどんどん溜まってしまう。
またリンパの流れが滞ると、冷えやむくみも引き起こす。

2)過食で太る
・猫背になると自律神経が乱れストレスを感じやすくなります。ストレスを感じると過食になることもあります。

3)ぽっこりお腹になる
・猫背になると腹筋を使わなくなるため、腹筋が弱まり内臓が下に落ち、お腹がぽっこりと出てしまう。

4)肩甲骨が開く
・猫背になると肩甲骨が開いてしまい、背中が広く(横幅があるように)見えてしまう。
また、肩甲骨あたりには痩せる細胞の褐色細胞がたくさんあるが、その細胞も働かなくなるため、太ってしまう。

5)便秘になる
・背中が丸まることで内臓が押しつぶされ、便秘になる。

6)足が太くなる
・猫背になると前屈みになるクセがついているため、踏ん張るように歩くようになる。そのため足に筋肉が付きやすくなるため太くなる。

7)お尻が垂れる
・足とは逆にお尻の筋肉は全く使わなくなるため、垂れてくる。

姿勢の悪くなる原因と対策

1)デスクワーク
原因:パソコンを使っているうちについつい猫背になってしまう。
対策:パソコンや椅子の高さを調節して猫背にならない位置にする。

2)椅子に浅く座る
原因:椅子に浅く座って背中だけを背もたれに預けた姿勢でいると、筋力が衰え猫背になる。
対策:椅子に座るときは深く腰を掛け、座っているときも腹筋を意識する。

3)スマホのいじりすぎ
原因:スマホを操作するとき下を向いているため背中が丸くなる。
対策:スマホを操作するときはスマホを目線の高さまで上げて使用する。

4)下を向いて歩いている
原因:歩くとき、常に下を向いて歩いている。
対策:まっすぐ前を見て大股で歩く。

姿勢が悪いと太る!?まとめ

猫背になる原因は様々ありますが、主な原因は日常生活の姿勢の悪さです。
姿勢が悪いと太りやすくなるだけでなく、内臓機能の低下や集中力の低下も招くほか、自律神経が乱れ、イライラや過食、不眠などの精神面での不調も招きます。
さらにはボディラインも崩れるため見た目も悪くなります。

ただし姿勢の悪さは治すことができます。
例えばパソコンを使うとき、椅子に座るとき、スマホを使うとき、などちょっと意識を変えれば猫背になるクセは防げます。
さらに姿勢を良くするグッズやストレッチ、整体などを活用すればさらに早く体調の変化を実感できます。

けど猫背がなかなか治らないと感じていませんか?
それは人は猫背でいる方がラクだからです。
猫背でいるときは腹筋も背筋も使っていないから。
無理に正しい姿勢をしようとすると逆に疲れてしまう・・そう感じてしまうかも知れません。
しかし、姿勢が良くなれば、代謝が上がり痩せやすい身体になるだけでなく、お肌の調子も良くなります。
毎日姿勢を意識しながら、少しずつ正しい姿勢をクセ付けていきましょう。