姿勢.com

姿勢.com

クッションで姿勢矯正するメリット

約 3 分
クッションで姿勢矯正するメリット

仕事や自宅でデスクに向かってパソコンを使っているとき、腰をトントン叩いたり、伸びをしたりしていませんか?
それは椅子に座っている間に猫背になってしまい、腰や背中に余計な負荷がかかっているからなんです。

理想はデスクワーク1時間の間に2~3分ほどのストレッチをすることです。
しかし、仕事中に急にストレッチを始めるわけにもいきませんし、急ぎの仕事をしているときはそんなことをしているヒマすらありません。

毎日のデスクワークで肩や腰が凝り固まってしまいバキバキに痛むし、整体やカイロプラクティスに行っているヒマもない。
でも、この腰痛や肩こりをどうにかしたい・・・

そんなときは、姿勢矯正用のクッションを使いましょう。

どんな姿勢矯正クッションを選ぶべきか

姿勢矯正用クッションと言っても、値段が安いものから高いものまでさまざまあります。
そして効果も「姿勢を良くするもの」「骨盤を矯正するもの」「お尻を包み込むもの」とさまざまあります。

そうなると、何を選んでいいかわからないと思うかもしれません。
そんなときは、自分が何に悩んでいて、どんな結果が欲しいのかを良く考えて選ぶことが大事です。

大型量販店などでは姿勢矯正クッションを売っていることがあります。
実際に手に取り、クッションの固さや座り心地なども試してみるのもいいです。

姿勢矯正クッションを使うメリット

それはもちろん、腰痛や肩こりを軽減してくれること。
正しい姿勢でデスクに向かえば、仕事効率も上がるし、結果にもつながります。

姿勢矯正用の椅子もありますが、姿勢矯正用の椅子はかなりの高額で10万円を超えるものもあり、なかなか手を出しづらい上に、職場の椅子を取り換えることが無理な時もあります。
なので値段も手ごろで、持ち運びもラクな姿勢矯正用のクッションを使うといいでしょう。

矯正用クッションとはいったい何を矯正するのか?
それは「骨盤」です。
間違った座り方で骨盤が歪むと、腰痛や肩こり、頭痛や便秘などを引き起こします。

正しい座り方とは「骨盤を立たせること」です。
骨盤をしっかり立たせながら座ることで猫背も解消され、便秘も解消されます。
「骨盤が立った状態」とは、お尻にある「座骨」という骨がしっかり椅子に当たったことをいいます。
座った時に体を前後に揺らしてみると、座骨が椅子にしっかり当たるポイントがあるはずです。
そのポイントに仙骨がある状態が「正しい座り方」です。
その「正しい座り方」になるようなクッションを選べば、きっと仕事も捗るはずです。

また、椅子にクッションを置くだけで矯正が無意識にでき、姿勢を気にしなくても正しい座り方をサポートしてくれます。
正しい座り方をしっかりクセ付けできれば、立った時も美しい立ち姿になります。

姿勢矯正クッションのまとめ

デスクワークをしている以上、ずっと座っているのは仕方がないことです。
しかし、姿勢矯正クッションなどのちょっとした工夫で、腰痛や肩こりを軽減することができます。
しかも、正しい座り方をすれば集中力も上がり、仕事効率も上がります。

自分に合った姿勢矯正クッションを見つけるのは難しいかもしれません。
いろいろ試してみて、ぜひお気に入りの一品を見つけてください。

正しい座り方は「美しい座り方」でもあります。
しっかり矯正して、美しい座り方を手に入れましょう。