女性に人気の姿勢矯正ブラを考える

約 1 分
女性に人気の姿勢矯正ブラを考える

女性特有の下着である「ブラジャー」ですが、最近は「姿勢矯正」効果を加えた「姿勢矯正ブラ」が出てきています。昔からブラは「姿勢を歪ませる」とされており、実際にブラのホックがついている胸椎8~10番付近は女性が良く固定を起こしていた箇所なのですが、そのブラで姿勢矯正を行うというのは正に逆転の発想の商品と言えるでしょう。

そこで今回は「姿勢矯正ブラ」についての考察を行います。

肩甲骨を開いて猫背や巻き肩を防止するタイプ

一番ポピュラーな姿勢矯正ブラがこのタイプです。ブラのヒモが分厚いベルト状になっており肩甲骨を開く方向に向けて圧が掛かっています。商品のタイプ的にはソックスなどで良くみられる「テーピング」効果を付随させたものです。このタイプのブラはかなり強力なゴムが組み込まれているので肩甲骨が良く開きます。ですのでブラをしている間は肩甲骨の矯正力が十分に働くでしょう。

但し、その肩甲骨矯正はあくまで「ゴムの力」によって行われているものです。ですのでブラを外せば当然肩甲骨は元に戻ります。「長時間の装着で正しい姿勢に肩甲骨がセットされる」という謳い文句もありますが、姿勢の矯正は基本的に「筋肉を使って行うもの」です。

バストアップの矯正ブラ

美容目的にベクトルを向けた姿勢矯正ブラです。胸を寄せてあげるタイプのブラが多いですが、そこに肩甲骨を開くことで胸を突き出すような姿勢を作り、バストを豊かに魅せるブラとなります。これなどは目的が美しいバストであってその目的達成の為に「肩甲骨を引き寄せる」という方法を採用しているものです。ですので姿勢改善効果という点では本来の「肩甲骨ブラ」に比べると落ちますが、目的が異なるので仕方ないでしょう。

体幹強化タイプのブラ

数は少ないのですが、体幹強化を目的に設定したブラもあります。この場合はブラのヒモがかなり独特の形状をしており、肩甲骨の下側、下部胸椎付近に置かれています。肩甲骨ではなく脊椎へのアプローチをメインにしたもので、コルセットとブラの中間のような存在感です。日常的に身に着けるものを使っての姿勢矯正は発想がユニークで効率的と言えるでしょう。

見え方を変える商品が多い

以上、女性に人気の姿勢矯正ブラを紹介しましたが、基本的には「姿勢矯正」の目的が「姿勢を整える」事では無く「来ている間の姿勢を作り出す」という方向性になっているものが多いです。ですので健康促進の商品というよりも美容促進の色合いが強いです。女性の場合は特に「見た目」が印象に直結しやすいと考える傾向が高いせいか、そういった「演出された姿勢」に対してもとてもニーズが高いようです。

ですが、本当に良い姿勢を作りたいのであれば姿勢矯正ブラを使いつつも、日常生活の中での姿勢改善への取り組みを並行的に行うのが理想的です。特に姿勢矯正ブラはコルセットと同じで「外部の力」を借りて姿勢を作り出す仕組みになっています。これでは本来の姿勢筋がどんどん仕事をサボる事を覚えてしまい、単独での姿勢維持が一層難しくなってしまうのです。

そうした本末転倒な事態にならない為にも、自分の筋肉を使って姿勢を作る、という意識も持ちつつ「今は道具の力も借りよう」という形で活用するのが一番良いでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA