矢状面から見た姿勢を見る!良い姿勢は横からも美しい

約 1 分
矢状面から見た姿勢を見る!良い姿勢は横からも美しい

矢状面とは身体を側面から見た姿勢を指します。脊椎のS字カーブを見る時の面と考えるとわかりやすいです。矢状面を使った姿勢の検査は広く知られており、代表的な検査法としては「壁に背中をつける」という姿勢検査法があります。とにかく「脊椎のS字カーブを見る時の面が矢状面」という認識があればOKです。

そんな姿勢改善において大きな指標を示してくれる矢状面ですが、今回は矢状面から見た姿勢について紹介をします。

矢状面から見た本来の姿勢について

代表的な矢状面から見た姿勢の検査に「壁や柱に背中、頭、踵をつけて立つ」というものがあります。まずはあの姿勢検査で見るべき点について紹介します。

<矢状面の姿勢検査で見るべき点>

・首の隙間が掌2枚分程度か
・腰の隙間が掌1.5~2枚分程度か
・踝・膝・股関節・肩峰・耳たぶが直線状に並んでいるか
・目線はしっかり前を向いているか

この条件を満たしている場合はその姿勢はとても良い姿勢となります。ただし、検査中に無理に力を入れて姿勢を作っている人も多いですが、当然それは全く意味がありません。あくまで自然な立位でこの条件を満たしているかどうかがポイントになります。

関節が単独で歪むことはまずない

良く矢状面から見た姿勢でS字カーブの「腰椎〇番が滑っている」とか「腰椎〇番にヘルニアが起こっている」等の分析が出てきます。これは姿勢の分析というよりも脊椎に生じている現象の分析に近いものです。その為「その現象が起こっている患部」以外には案外目をやりません。ですが、姿勢を分析するときには必ず患部以外の脊椎にも目を向ける必要があります。何故なら「関節が単独で歪むことはまずない」からです。何処かが歪んだという事はその歪みを生み出す張力が他の椎骨にも及んでいます。それぞれの張力の関係を読み解かないと本当の姿勢の問題点に辿り着けなくなるのです。

必ず骨格だけでは無く筋肉でも姿勢を捉えよう

矢状面から姿勢を分析する時は必ず「骨格」だけでなく「筋肉」からも姿勢を分析するようにしましょう。骨格で分析すべき点は前々項で紹介したポイントです。そこでズレが生じていた場合には「筋肉」でその姿勢を分析していく段階に進みます。骨格は単独では歪みません。必ず筋肉の拘縮と弛緩のバランスの崩れによって引っ張られる形で歪みが生じます。つまり矢状面から姿勢を分析するには「骨格」で分析をした後に「筋肉」で更に細かく掘り下げていくという2段階の姿勢分析が基本となるのです。

1つ1つの取り組みを丁寧にすれば姿勢は改善する

歪みの生じている姿勢を改善させる事に近道はありません。調べる事で浮き彫りになった「問題点」を1つ1つ解決していく繰り返しです。

・腹筋の抜けを取り除く
・胸圧と腹圧をバランス良くする
・腸腰筋を整える
・内転筋を整える
・内臓下垂を取り除く
・体幹部を整える

こういった小さな取り組みの積み重ねで、少しずつ歪んだ姿勢は元の姿勢へと戻っていきます。基本的には「治す」という事では無く「戻す」という事です。正しい姿勢を取り戻すには「小さな積み重ねである」という事だけは絶対に忘れないようにしてください。今日やって明日姿勢が綺麗になるという魔法は存在しないのですから。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA