姿勢.com

姿勢.com

良い姿勢に直結する筋肉はこれ!特に重要な姿勢筋を学ぼう

約 4 分
良い姿勢に直結する筋肉はこれ!特に重要な姿勢筋を学ぼう

人間には400を超える筋肉があり、それぞれが繋がりあいながら骨格を動かしています。どれか1つの筋肉が単独で動く事は殆どなく、必ず周辺の筋肉と共同作業をしながら骨格を動かしていくのです。その仕組みはキネティックチェーンであったり運動連鎖であったり、呼び方は様々です。

その中でも姿勢に関する重要な筋肉に「姿勢筋」と呼ばれるものがあります。主に体幹部を支える筋肉群ですが、中々日常で耳にする事はありません。そこで今回は姿勢を制御している縁の下の力持ちである「姿勢筋」についての紹介をします。

姿勢筋は基本的にインナーマッスルばかり

姿勢筋の概念はその研究する立場によって様々です。インナーマッスルだけを指す人もいればアウターマッスルを含めて姿勢筋群とする人もいます。今回の記事では重心点が位置する体幹部分を支える筋肉を姿勢筋として紹介をしていきます。ですので姿勢筋は全てがインナーマッスルになります。

姿勢筋1:横隔膜

主に呼吸筋として重要な役割を果たす横隔膜ですが、姿勢の制御筋としてとても重要な役割も持っています。それは内臓を引き上げるという仕事です。腹腔にある臓器は横隔膜にぶら下がる形で位置を保っているのですが、横隔膜が機能不全を起こして腹腔側へ下がってしまった場合、臓器もやはり下がってしまう事で内臓下垂へと繋がります。

内臓下垂は重心点を下げてしまい、腰への負担を大きくする為に腰痛の主要な原因の1つとなるのです。

姿勢筋2:腹横筋

こちらも横隔膜と並んで呼吸筋として重要な役割を果たす筋肉です。そして横隔膜同様に姿勢筋としても重要な働きを持っています。腹横筋は肋骨の代わりに腹部を守る為に作られた筋肉です。その主な役割の一つは胸郭の様に「腔内の圧を作り出す事」であり、腹横筋をはじめとした腹筋群が「腹圧」を作り体幹の下半分を安定させています。

肋骨の無い腹部の空間を丸ごと包み込む腹横筋は体幹の下半分を支える要としての役割を持っているのです。ですが何故かそのことは余り知られていません。その役割の重要性の割には余り認知されていない気の毒な筋肉です。

姿勢筋3:多裂筋

水泳の日本代表がアテネオリンピックでメダルを量産した際に「日本チームを強くした筋肉」として一気に注目された筋肉です。脊椎の椎骨1本1本についており脊椎の微妙なバランス調整を担う姿勢筋です。これが姿勢制御において最も重要な筋肉であり姿勢改善における「本丸」の筋肉です。

ただ、他の姿勢筋同様に随意筋では無い為に自分で意図的に鍛える事は難しい筋肉です。更には腸腰筋などが拘縮を起こしている場合は真っ先に拘縮を起こし脊椎を守る為だけに耐える筋肉となります。ですので、多裂筋にアプローチする場合は必ず周辺の姿勢筋をまず拘縮から解放し、多裂筋が本来の姿勢制御の仕事に入れる状態にすることが重要なポイントなのです。

姿勢筋4:腸腰筋

大腰筋という名称で知られている筋肉です。ですが本来の姿勢筋としての筋肉は大腰筋と腸骨筋がせっとになった腸腰筋となります。上半身と下半身を繋ぐ最も重要な関節「股関節」の屈曲を主に受け持つ筋肉ですが、これがとても拘縮を起こしやすいです。姿勢の歪みからくる腰痛には殆どこの腸腰筋が関わっています。

ギックリ腰等の非常事態が身体に起こった際にこの腸腰筋は「コルセット」として瞬間的に拘縮を起こして二次被害を防ぎます。ただその拘縮は運動連鎖を無視した反射的なものの為に日常生活に著しい影響を与えてしまうのです。腰を痛めた時は真っ先にアプローチ対象とすべきインナーマッスルです。

沢山の姿勢筋を覚えるより基本を抑えよう

以上、姿勢筋についての紹介をしました。ネットや書籍には上記とは異なる概念の姿勢筋の定義もありますが「正解は無い世界」でもあるのでそこは余り気にしなくて良いです。どれもが正解だと考えてください。

それよりも沢山ある姿勢筋の定義を全て覚えようと頑張る人がいますが、そうではなくて「どれか1つを徹底的に」というスタンスで取り組むようにしましょう。そうする事で姿勢改善が劇的に進みます。大切なのは継続する事。それは姿勢筋との向き合い方においても同じなのです。